ニュースのいちいちを気にしていたら、無意識に「ksg(クソが)」とつぶやいてしまうことしばしばである昨今だが、ふと、このk→gあるいはs→zの関係が気になった。
日本人であれば、「か」と「が」、あるいは「さ」と「ざ」の関係をとても深いものだと理解していることが多いと思うのだが、アルファベットで表示したときの子音である「k」と「g」、あるいは「s」と「z」の関係って、発声学(?)的見地からすると、どうなんでしょう?
つまり、k→g / s→zの「→」にあたる処理を日本人は当然のように、「だから『゛(濁点)』がそうでしょ」と認識しているわけだけど、他の外国人たちは、kとg、sとzの関係をどう認識しているのだろうか?
なんとなく、と前置きするけれど、無声音であるkを有声音にすると、gになるっぽい気はする。同様に、sも声帯を震わせればzになりそうな気はするけれど、でも、濁点の有無の関係をあらかじめ知っているためにかなり恣意的な操作をしているようにも感じてしまう。
また、「は」→「ぱ」の問題もあるが、奈良時代だったかでは、p音が普通で、そこから半濁音が抜け落ちてh音になった、というのはなにかで読んだことがある。より詳細に言うと、pa, pi, pu, pe, poがfa, fi, fu, fe, foになって、そこからha, hi, fu, he, hoになったみたい。「ふ」の音にだけ、fが残っているという話。そこから考えると、「ぱ」→「は」と捉えたほうがより正確なのかもしれないけれど。
ちなみに、幼児の最初期の発声においては、b, m, pの破裂音が先行してなされるという。だから、幼児語にはこれらの音の組み合わせでできたものが多いのかと納得したことがある。「パパ」「ママ」「まんま」「ぽんぽん」「ぶーぶー」などなど。

日本語しか遣えないので日本語の常識をすべての言語のそれとついつい考えてしまうけれど、だいたいからして「母音」という言葉を聞いてそれが5つしかないものと思い浮かべてしまうのも、日本人ならではなのかも。他の言語では、曖昧母音や二重母音もあって、「あ・え・い・う・え・お・あ・お・あ・お」の練習は、日本人だけしかやらないのかも? 英語圏の人間たちからすれば、「なんで日本人はlとrの区別がつかないんだよ!」って不思議がっているのかもしれない。いやいや、それを言うなら、舌を前歯で挟む英語のthとか、フランス語のr音なんて、なんでわざわざそんな難しい発音すんのよっていう反論もあるよね。
それに、日本国内にしたって方言という問題もある。ほんらい話し言葉というものは、書かれることを企図して生まれたものではないためどうしても記述が追っつかず、言語化が難しい部分もあるということ。
ところが最近は、コミュニケーションのなかでウェブ上での表記がかなりのウェイトを占めるようになったために、「書き」先行ということも少なくなくなった。たとえば笑いを意味する語尾の「w」ってなんて読んでるの? 「ワラ」と読まれることが多いような気がするけれど、違う読み方あるのかな。
ちょいと昔でいえば「orz」とか「ノシ」とか、ずっとなんて読むかわからなかったし、そもそも意味もわからなかったからなあ。「おーず」とか「のし」と頭のなかで読んでいた。

ちょっと前に友人と話していて、そのうちSNSもタイプやフリック入力という形から音声認識入力が主流になるだろう、そうなった場合、発声することが躊躇われるような表現は廃れていくのだろうか、ということが話題になった。
いま現在のわれわれはある程度の「乖離」というものはすでに織り込み済みでウェブ上のやりとりをしている。たとえばツイッターなんかでの「え、ちょっと待って」という文章は、じゅうぶんに「待たれた」状態で入力されている。入力までの数秒~数分のタイムラグというのは、いわば「ないもの」という共通理解のもとでコミュニケーションをしているわけだが、音声入力が中心となっていくと、この誤差はより埋まっていくに違いない。よりリアルタイムで「ちょっと待って」という言葉が入力され、その言葉に実感がより伴うということになる。
でもその先に当然予想されるのは、認識→入力という技術革命だろう。頭に針をぶっ刺すなんていう野蛮な解決方法ではなく、「耳のちょっと上あたりに小さなパッドをぺたっと貼るだけであとは微弱な電波を読み取ってうんぬんかんぬん」というSF的ブラックボックス・テクノロジーによってわれわれは「入力」という煩瑣な作業から解放されるに違いない。しかしまあそんなことになったら(僕の生きているうちに実装されることはないんじゃないかと思っているけれど)、われわれのやることはより増えることになるだろうね。よっぽど慎重にならない限り、構造的に意見や考えを簡単に「漏洩」させてしまうことになるだろうから、その事後処理に余計に時間をとられそう。あるいは、発信する前の推敲にものすごく時間がかかってしまうとか。
もっとイヤな未来は、「電波を読み取って」までは同じだとして、あとは膨大なビッグデータから採取されたテンプレートにAIが自動的にマッチングしてくれる、なんて技術の発展。つまり、「あなたの考えはたぶん次の文章に近いものではないですか? 『このあいだの合コンでの印象がとてもよかったので、今度ふたりで食事に行ったりしませんか?』」という提案に「OK」をタップするだけの未来。
まあAIの話題には、最近のケンブリッジ・アナリティカの疑惑に見られるような無意識領域への操作みたいな問題が現在においてさえ顕在化しているくらいだから、将来においてはより深刻な問題を孕むことになるんじゃないでしょうかね。かいつまんで言ってしまえば、ディストピアですよ。まさしく、「クソが」って感じ。